バイク 買取 相場 業者オークション

バイク買取相場 無料オンライン査定

バイクの買取相場は業者オークションの落札価格が元になっている?

バイクを売る時によくネットに出てくる「業者間オークション」って何?
なぜ業者間オークションが出てくるのか?背景が知りたい。
まず、何らかの「一般的で無い言葉が検索結果に出て来る時」には、理由があります。
業者間オークションについて説明します。

業者間オークションが出てきた理由

バイクや車を売る時に、事前に査定相場が知りたい

査定相場の元になっているものはなんだろう?

業者間オークションの落札価格
という訳です。

次に、
査定相場と業者間オークションの落札価格の関係について
バイクを買取に申込む

無料出張査定がやって来る

査定士による査定

査定金額が出る

査定額に納得したら売却

書類にサインして終了

この中で、査定金額の元になるものが業者オークションの落札価格です。
簡単に言うと、業者の人しか入れないオークション会場には、安くて良いバイクが沢山集まっています。
そして、全国で毎週開催されています。

これが大前提
この大前提が有るので、バイク屋が在庫が必要な時は、業者オークションに行って仕入れます。(もしくは代理の人、代理業者に頼む)

お店にバイクが配送される。

この流れでバイクを仕入れます。

バイク買取相場



一般のユーザーから「バイク買取して下さい」「下取りして下さい」と言われた時に、業者オークションの落札価格よりも安い金額で買取しておけば、もし売れなかった時に業者間オークションに出品する事が出来ます。(俗に言う、逃げることが出来る)
それは、バイク屋も展示スペースが限られていたり、客層、お店の得意ジャンルに絞っているからです。
ですので、町のバイクは販売店の出せる査定金額は、お店の客数、客層、平均在庫期間に影響されている事が分かります。
つまり、立地が良かったり、ネットで価格を押さえて全国通販していたりする、バイクがドンドン売れていくお店は、そうでないお店に比べて少し査定額が高く出来ます。

ビックスクーターの専門店に1000ccスーパースポーツを並べても売れません。
いや、もしかしたら売れるかも知れませんが、何時売れるか分かりません。
それなら、短期間で売れるシグナスやPCXを並べておいた方が現金化が早いです。

ただ、お店が得意なジャンルで、尚且つキレイにメンテナンスされた車両であれば、買取後の点検整備の時間が減るので、高価買い取りになります。
ただしこれも業者間オークションの落札価格よりも安い価格です。

「なぜ?」と思う方が大半だと思いますが、在庫を抱えるという事はとてもリスクでも有るのです。
2ヶ月、3ヶ月、半年、1年売れない場合、長期間売上も利益も出ない事になります。
バイクは売れないと1円もお金になりません。

バイク買取相場



売れなければ業者間オークションに出品して生活費にするしかなくなります。
その時に、業者間オークションの取引相場よりも高く買い取りしていたら、身動き取れなくなります。
一般のお客さんからバイクを買い取りする時は、半年後、1年後も見据えて査定額を設定しています。
なので、バイク屋に売る時は安くなるのです。

下取りであれば、お店のバイクが1台売れるので少しサービス出来ます。
バイク屋はバイクが売れてナンボです。
この辺が、業者間オークションの言葉の意味と背景。

買取業者は買取したその週、または翌週には業者間オークションに出品して現金化出来るので、高く買い取る事が出来ます。
そもそも、町のバイク屋、郊外の中古バイク販売店と、買取業者では買い取る前提や背景が違う事を知っておきましょう。

そして良く有るのが、バイク買取業者で査定して貰って、「なんて安い金額なんだ!」と思って、町のバイク屋に持っていくと「更に安かった」という事が事実としてあります。
なので、事前に相場を知っておくことは、余計な手間も時間も掛けなくて良いことに繋がります。

バイク買取相場