バイク 買取 相場 レッドバロン

バイク買取相場

バイクの買取相場を調べたい。その前にレッドバロンの情報も確認


レッドバロンに関する情報をまとめました

<レッドバロン情報 メニュー>

  1. レッドバロンに買取査定を依頼するメリットは?
  2. 中古市場の業界最大手
  3. 一括査定業者と徹底比較
  4. オークション費用が掛からない
  5. レッドバロン店舗
  6. レッドバロン提携の保険サービス
  7. レッドバロンの委託販売システム
  8. 動かないバイクでも引き取り
  9. 部品在庫が無いと

バイク買取相場




レッドバロンに買取査定を依頼するメリットは?

レッドバロンにバイクの出張査定をして貰うには、一括査定サイトには登録していない単独査定業者なので、「あえてライバルを同じ時間に呼んでぶつける」事をしない限り、単独査定になります。

また、レッドバロンはオートオークションに参加していないので、オークション流通額ではなく、独自の査定相場を持っています。
(但し、必ず参考値にしてるはずです)
独自の査定方法、査定票を用いてバイクを買取、下取りします。

下取り情報、相場も社内でこれまで行ってきた数値から相場が出来上がっています(それほど高くは無いです)
大型バイク、買取金額が30万円以上になりそうなバイク等は喜んで買取してくれると思います。

レッドバロンに売るメリットは2つ有ります。
  • 一つは乗り換えがスムーズに行くこと。
在庫台数日本一のチェーン店なので、次に乗るバイクをレッドバロンが探し出してくれます。バイクを購入する人に取って、大手で手続きが1ストップで全て行える安心感は他には変えられない物だと思います。
  • もう一つは、お店が沖縄以外全国に有るので、ツーリング先で故障、事故に有っても安心です。
転勤族、引っ越ししてもオイル会員、ロードサポートが継続出来るので、その辺も安心です。

あと、レッドバロンの中古車価格はメーカーのディーラーと町のバイク屋さんの中間くらいです。
決して安くはありません。

レッドバロン派で無い人は、査定申込みする前に、自分のバイクの査定相場を知っておかないと、他の業者との徹底比較が出来ませんのでご注意を。
自分のバイクの査定相場が知りたい人はこちらへ。

バイク買取相場



▲TOPにもどる



中古市場の業界最大手

レッドバロンは最大手業者で年間10万台の中古バイクを販売するとも言われています。
その多くは乗り換えだと思いますので、下取りでも多くの中古車が入荷する事になります。独自の買取相場は分からなくても、中古販売価格は分かるので、そこから買取相場を予測する事も出来ます。

一般的に、中古車の流通額の30%〜40%が買取上限価格だと言われています。
これはレッドバロンでも基本的には変わらないと思います。

但し、一般個人からの買取になりますので、消費税が掛かりません。
ここが業者間オークションを介入していないレッドバロンの特徴点でもあります。

50万円のバイクを業者間オークションで落札すると、オークション経費が8%掛かります。
4万円です。
これを吸収する事で、大きな利益を上げています。

50万円を45万円で納得させるトーク術が有れば、更に5万円利益が増えます。
レッドバロンも商売でやっているので、やり手の店長さんが居る店舗では厳しく利益目標も管理されているはずです。

オークション費用の4万円が掛からないから4万円高く買い取るのか?
それだったら、始めから業者間オークション行けば幾らでも欲しいオートバイは有ります。

オークションを使わないメリットを利益にするから会社として大きくなるのです。
勿論、対外的には「お客様へ利益還元」としか言えませんが。

バイク買取相場



▲TOPにもどる



一括査定業者と徹底比較

バイクを売却する時の業者選びはとても大事です。
日本自動車査定協会認定の中古自動車査定士がレッドバロンには在籍しています。

査定額を比較出来る一括査定は、初心者や面倒くさい事が嫌いな方に最適です。
複数業者だと、買取上限価格も最後は必ず競り合って入札してくれるので上がります。
特に排気量が大きなバイクはどこも買取に必死です。

では原付スクーターや原付バイクはどうなのか?(原付とは124ccピンクナンバーまで)
原付の売却にも有っています。
1社だけだとどうしても買取価格を上げることは難しいです。

ヤフオク、個人売買でもそうですよね?
勿論、買い取る側は少しでも安く買いたいのが本音ですが、ライバルが居れば価格交渉が出来なくなり、ライバルの値段に合わせて行くしかありません。

始めから査定額を上げないまま終了する事はまずありません。
なぜなら、「どうして手ぶらで帰ってきたんだ」と帰って言われるからです。
出来る限り応戦して価格を上げてくれます。

バイク買取相場



▲TOPにもどる



オークション費用が掛からない

買取、下取りしたバイクを業者オークション流ししないので、少し利益率が上乗せ出来ます。
レッドバロンは店舗型で販売がメインですので、在庫台数は各店かなり並べています。
売れ筋、人気商品を素早く回転させる事がレッドバロンの強みの一つでもあります。

昔、レッドバロンに売却した時に店長さんとお話しした時に、「最近この店に異動して来たんですが、在庫のラインナップがひどい。これじゃ売れる物も売れないですよ」と言ってました。

やはり、プロが見ると、売れるもの、売れない物は分かるんだなと思いました。

店頭価格はちょっと高めで、ディーラーよりは低く設定しています。
また、店舗に置いていない車両でもバックオーダー(予約)でお願い出来ます。

お願いする時は、メーカー名、車種、色、予算、連絡先の個人情報(住所、名前、電話番号)を書いて提出すればOKです。
全店直営なので、近隣のお店に在庫が有れば取り寄せ出来ますし、時間を掛けて待っていたら探してくれます。

バイク買取相場



▲TOPにもどる



レッドバロン店舗

公式サイトからダイレクトSHOPを徹底解剖
レッドバロンの宿敵のライバルはバイク王です。
  • レッドバロンの中古車販売台数10万台、買取台数1万台。
  • バイク王の中古車販売台数1万台、買取台数10万台。
真逆だという事が分かります。

「バイクを売る時は次のバイクを買う時」とも言われます。
なので、バイク王がガンガン買取すると、数少ないバイク王の店舗で買わないにしても、他のライバル店に流れて行くので、何とか阻止したいと思っています。

それでやっているのが、「ダイレクト買取」です。
「買取専門業者よりも3万円高く買い取りします」がキャッチフレーズです。

実際には諸条件が有るのと、最大3万円だと思ったほうが良いです。
計算上(ちょっと難しいので)は査定価格が約40万円以上のバイクが対象、という事は400ccの高年式か、大型バイクが対象だと思います。

バイク買取相場



▲TOPにもどる



レッドバロン提携の保険サービス

レッドバロンは独自の保険サービスを行っており、保険情報もサイトに出ています。
代理店がレッドバロンですと、引っ越しても転勤しても事故を起こした時に連絡先が計画なので安心です。

昔からロードサービスも有名でした。
ツーリング先で故障、パンク、ガス欠など不慮の事態に対応してくれるのは、レッドバロンしかありませんでした。
今はJAFや保険に付属のロードサービスもありますが、昔は画期的でした。
また、餅は餅屋で、レッドバロンの「バイク屋が行うロードサービス」は別物だと思っています。

あと、オイルリザーブシステムは昔から強く勧められていました。
ノルマでも有るのでしょうか?
原付2種のスクーターを購入した時も強く加入を勧められました。

バイク買取相場



▲TOPにもどる



レッドバロンの委託販売システム

これは面白いシステムで、在庫展示スペースに置かせてくれるサービスです。
委託販売の店頭保有期間は3ヶ月です。
まあ、「バイクを売りたい」人は「バイクを買いたい人」なので、両者にメリットがあるシステムだと思います。
お店が広くないと出来ないシステムです。

バイク買取相場



▲TOPにもどる



動かないバイクでも引き取り

レッドバロンは生産終了したバイクの部品を在庫し、メーカーから部品供給がストップしたパーツ供給システムを行っています。
これは自社で販売したバイクの修理を行う上で、「部品が無いから修理できません」を無くす為の予防で、とても素晴らしいシステムだと思います。

先日聞いた話ではホンダのクラブマンも出て来ない部品が有る様で、「もうそういう時代なのか」と驚きました。

*公式には純正パーツのメーカー保管期間は最低7年で、8年位は問題なく出るようですが、10年超えるとポツポツと品切れが出てきて、15年もすると、かなりヤバくなる様です。

また、BMWは販売終了から30年はストックするらしいです。

メーカーも出来るだけ共通部品を使ったりして、コスト削減とパーツの確保に工夫している様ですが、昨今の旧車ブームになると、中々難しいと思います。
とは言え、今乗っているバイクが部品切れで「修理出来ないから売ります」とは納得しない人も多いと思います。

バイク買取相場



▲TOPにもどる



部品在庫が無いと

古いバイクに乗る人は思い入れが強いのと、70年代、80年代、90年代のバイクはもう今では販売されない独特の味が有るので、中古部品で騙し騙し乗るしか無いのでしょうね。
これも大手バイク屋で聞いた話しですが、今は色々と消費者を守る法律やSNSの発達で、販売する方は想定外を無くしながら守る所は守って販売しないと行けないので、納車点検でブレーキやオイル交換、キャブ調整、ガソリンのホース、バッテリーなども細かく点検するみたいです。

中堅以上になると、「中古部品では修理しません」とお断りする所も多い様です。

これは、中古部品だといつ壊れるか分からないので、ツーリング先での故障や、高速道路での走行中に故障した時の事などを考えると、責任取れないのでお断りする様ようです。
僕は車も25年前のスポーツカーに乗ってますが、同じように、中古パーツは嫌がります。
「乗るならお金を掛けて、嫌なら故障しない車に乗る事」らしいです。
あ、ここで言う「中古パーツ」とはヤフオクの動くか分からない部品の事で、専門家が修理した「リビルド品」の事ではありません。

▲TOPにもどる

バイク買取相場

関連ページ

バイク買取業者の査定相場とレッドバロン査定を比較する
レッドバロンに買取依頼する時の査定の流れについて。レッドバロンは、中古バイクが販売がメインの会社ですので、下取りに強いです。全国に店舗数が多いので、買取の査定も持ち込み査定が多く、予約すれば出張査定を行って貰えます
バイク売る時の買取相場はレッドバロンが高いの?
バイク買取相場 レッドバロン。レッドバロンの本業は中古バイクの販売です。また、社内の買取データから独自の査定相場を使っています。売却する時のタイミングで、お店が必要な(バックオーダーが入っている)車両が入って来たら、高額査定も有る様です。
バイクの買取相場はレッドバロンの販売店と買取業者どっちが高い?
販売店としてのレッドバロン。レッドバロンでバイクを売るメリットは下取り、乗り換えの場合に手続きも1回で済み、スムーズに行く点とアフターサポートがしっかりしている事だと思います。高い査定額だけを狙うのであれば買取業者の方が良い場合が多いです
バイク 買取 相場 レッドバロン
レッドバロンは社内の買取データから独自の査定相場を使用。買取する時のタイミングでお店が必要な車両が入って来たら、高額査定も有ります。レッドバロンの基準を満たさない車両に関しては「安い価格を付けるのではなく、査定額を出さない」事にしています